小1プロブレムの対策!!専門家のアドバイスを実践して劇的に改善

小1プロブレム 解決策

こんにちは、長女Rinの小1プロブレムに悩み、ようやく解決した、アラフォーワーママKotonoです。

我が家では小1プロブレムを乗り越える対策として、アドラー心理学の不登校に強くて子育てに特化している、という先生を友人から紹介してもらいました。

アドラーとはフロイトやユングと並び称される、“心理学の3大巨頭”のひとりです。

アドラー心理学とは「嫌われる勇気」で有名な、心理学者アルフレッド・アドラーの教えが基になっています。

不登校に強い」「子育てに特化」というキーワードに惹かれて、藁にもすがる思いで先生のカウンセリングを、夫と2人で受けに行ったのです。

私たちが専門家のアドバイスを受けて長女Rinへ実践すると、なんと1週間も経たずに効果が現れ、みるみるうちに良い方へ変化しました。

ついには小1プロブレムを乗り越え、解決策を見つけることが出来たのです!(^^)!

お子さんの小1プロブレムでお悩みのあなたへ、我が家の場合の専門家からもらった、解決策を詳しくお伝えします。

では、まず長女Rinの様子を先生に説明したのでみていきましょう。

まず、カウンセラーの先生へ長女Rinの様子を説明

小1プロブレム 解決策

お時間のあるときにこちらの記事、

  • 小学校の登校に親が付き添うのはいつまで!?先がみえなくて不安!!
  • うちの娘は問題児?!小1プロブレムの事例と様子を詳しくご紹介

をご覧いただくと、より一層分かりやすいと思いますm(_ _)m

では、ざっくり説明しますね。

  • Rinは保育園のお友達が1人も行かない、小学校に入学したこと。
  • 入学前の育成クラブへはちゃんと、行けたこと。
  • 6月までは近所のお姉ちゃんと、学校に通えていたこと。
  • 保育園のお友達が行った、小学校の運動会を見にいったこと。
  • お姉ちゃん達に迷惑をかけるので、わたしが登校に付き添うようになったこと。
  • 始めは門でバイバイだったのに、教室まで付き合わないといけなくなったこと。
  • 教室からの逃げ出しなど、小1プロブレムが起こりだしたこと。

ここまで話すと先生は、

カウンセラー
Rinちゃんは一人で新しい環境へ飛び込んでとても勇気が減っている状態です。

この勇気(活力)を注目されることで補おうとしています。

勇気とは活力のこと、人生の課題について克服しようという勇気(活力)が、必要だということです。

なのでRinちゃんは決して病的ではありません。

私はRinが病気になってしまったのではないか、Rinの本当の気持ちはなんなのだろう?どうしちゃったんだろう?

何か訴えがあるはずなのに、分からなくて知りたくて心がモヤモヤしていました。先生から「病的ではありません」と言われ、ホッと胸を撫でおろしました。

次はRinの小1プロブレムの、逃げ出しについてみていきましょう。

アドラー心理学的にみたRinの行動

小1プロブレム 解決策

2-1.課題の分離・自分の課題と他者の課題を切り分けて考える

カウンセラー
学校での逃げ出しは親はどうにも出来ないので、学校の先生にお任せしましょう
Kotono
そうなんですね、お友達も一緒に追いかけてきてくれてお友達まで、事故に遭わないかと心を痛めていました。

でも課題の分離で気にしなくて良いってことですね?

カウンセラー
そうです、その場にご両親は居ないのです。学校の先生は大変ですが、お任せしましょう。
Kotono
分かりました、学校でのことは気にしないようにします。

先生に課題の分離と言ってもらえたことで、私の心はまた一つ軽くなりました。

2-2.適切な行動、不適切な行動

まず先生は質問をされました。

カウンセラー
Rinちゃんは登校の付き添いが必要になった時、

  1. 始めは東門までで良かった。
  2. 靴箱までになった。
  3. 次は教室までになった。

その時のRinちゃんの様子を教えてください。

Kotono
「東門ではバイバイ出来ない~靴箱まで来てよ、ママ~!!」と言ってました。
カウンセラー
では、靴箱までが教室までに、なった時はどうですか?
Kotono
それも、同じで「教室まで来てほしい!!」とRinが言うので、仕方なく行きました。
カウンセラー
お母さん、私はその時の様子を教えて欲しいのです。お母さんを責めているわけではありません。
Kotono
様子・・・を説明しているつもりですが(;・∀・)
カウンセラー
Rinちゃんは普通に話をして、お母さんにお願いしましたか?
Kotono
あっ、いえ普通にではなく…駄々をこねると言う感じです!
カウンセラー
Rinちゃんは駄々をこねて、お母さんに要求してきた言うことですね。
Kotono
はい、そうです。

先生はRinが駄々をこねて要求しているのか?を知りたかったようです。先生がなぜこのような聞き方をされたのか、それはこれが後々「肝」になってくるからだったのでしょう。

2-3.正の注目、負の注目

カウンセラー
Rinちゃんは嫌なことや不安なことがあると身体全身で表現しています。

駄々をこねて言うことを聞いてもらう。

困らせて要求を通そうとしています。⇒(負の注目)

Kotono
あ~なるほど。Rinは私たちを困らせて、要求を通すってことなんですね。
カウンセラー
これは不適切な行動です。

不適切な行動をしたときには、「普通に、言い直して」と言って、言い直しをさせるようにしてください。⇒(適切な行動へ導く)
Kotono
「普通に、言い直して」と言って、言い直しをさせるんですね。
カウンセラー
普通に言えたら、「その言い方なら聞きたくなるなぁ」と言って、聞いてあげられる内容なら、聞いてあげてください。⇒(正の注目)
Kotono
はい、分かりました。
カウンセラー
聞いてあげられない内容の時には、「それは出来ない」と感情的にならずに叱らずに、親も普通に伝えてください。⇒(出来ない内容だから、正の注目をしない)
Kotono
はい、難しいですが頑張ります。
カウンセラー
根気よく付き合ってください。負の注目をされた事で、Rinちゃんの目的が達成されてしまいます。
Kotono
思わず感情的にしまった場合は、私たちも言い直しをしてRinに見本をみせる感じですね。
カウンセラー
正の注目を受けないといけないのに、勇気(活力)が減っておかしくなっていて、

困らせる作戦(不適切な行動)=『駄々こね作戦

をしています。このまま大人になると”家庭内暴力”などにエスカレートする可能性もあって、非常にマズイです。

のぶさん
うわぁ(;’∀’)私たちが相談に来ないで、自己流でやっていたら、将来Rinは家庭内暴力になったかもしれない。今日、伺って本当に良かったです。

感情を乗せずに普通に、言い直すことが必要なんですね。親も根気よく付き合って、正の注目普段からしてあげることが、大切なんだと分かりました。

Rinが怒って伝えてきたり、駄々をこねた時に親も怒って返すのは、駄々こね作戦に、駄々こね作戦で返しているということらしいです(;’∀’)

そこに座って居るだけでいいんだよ】って

  • 目を見て笑いかけたり、
  • 抱きしめる、
  • 頭を撫でる、
  • 手をつなぐ、
  • キスをする、
  • こちょこちょをする、

などスキンシップをとって普段のRinを認めてあげることがとても大切です。(適切な行動・正の注目)

夫も私も、知らず知らずのうちに負の注目で、Rinの目的を達成させてしまっていたようです。

Rinは勇気(活力)が減っていて、それを補うために注目をしてもらう事が、ねらいだったんですね。

Rinにとっては勇気を補えれば良いのですから、

  • の注目でも、
  • の注目でも、

どちらでも良かったのです( ;∀;)

次は、負の注目ではなく、正の注目でRinの勇気(活力)が増えるのか、具体的にみていきましょう。

正の注目で勇気が増える方法 ○○と思うよ⇒考えさせる

小1プロブレム 解決策

①現在Rinは、登校の付き添いが必要です。前日の夜Rinに、必ず尋ねるようにします。

Kotono
明日も学校まで、付き添って欲しい?
長女Rin
うん、一緒に行きたい。
Kotono
Rinには、1人で行ける力があると思うけど、ママも行って欲しい?
長女Rin
うん!一緒に学校行きたいな。
Kotono
そっか、分かったよ。じゃ、一緒に行くね。

このように、Rinに毎晩、尋ねます。

そしてRinには『行ける力があると思う』と伝えます。

わたし一人で行けるのかな?と考えさせて、行ける力があると思わせます。


②夜寝るときに、Rinと次女のMikaは、

  • 手をつなぐことで、喧嘩になったり、
  • 2人で私の上に、乗ってきたり、
  • お話を聞いてと、同時に話したり、

私を2人で奪い合うので、とても疲れるのです。その場合は、

Kotono
「奪い合いしてるなら、両方と寝ないよ、ごめんね。」と普通に言う。⇒正の注目。
のぶさん
「ママと一緒に寝たいなぁって」普通に優しく、言ってくれたら寝れるのになぁ。

RinとMikaが、

  • 自分で考えて、奪い合いをやめる、
  • 普通に優しく言えたら、


2人と手をつなぎ寝ます。


③保育園の頃のお友達が通う、小学校に行きたいと言い出した時、

Kotono
「お友達も出来て、担任の先生や教頭先生とも、仲良くなったでしょう?ママは今の学校でもやっていけると思うよ」

Rinにそうなのかな?と考えさせます。

実はカウンセリングの先生にも、転校をさせた方がいいのか相談しました。すると先生はあっさり「転校が認められるのであれば、転校させて大丈夫ですよ」とおっしゃいました。

私と夫は相談しました。

  1. 今の学校で、お友達も出来ている。
  2. 心優しい子供達に囲まれて、良い環境。
  3. 担任の先生や教頭先生にも、心を開きだした。

だから転校は”最終手段”として考えよう、ということになりました。

では、今回の小1プロブレムの解決策、専門家からアドバイスをもらって、実践した内容をまとめてみましょう。

まとめ

小1プロブレム 解決策

小1プロブレムに、専門家からの解決策を実践(^^)備忘録として、まとめます。

    • 親も感情的にならない、普通に話す、叱らない。⇒負の注目をしない。
    • 困らさせて要求したことは、言い直しをさせる。⇒普通に言えて、聞いててあげられる内容なら聞く。

      「その言い方ならしてあげたくなるなぁ」⇒正の注目をする。
      聞いてあげられない内容なら、「それは出来ないなぁ」と言ってやらない。
    • 困らせて要求して、言い直しができない時は、「普通に優しく言ってくれたらいいのになぁ」

      それでもパニックになったり、駄々をこねる場合、しばらく時間を置く。

・叱らない、感情的にならない。⇒負の注目をしない。
・言うことも聞かない。⇒正の注目をしない。
・無視もいけない。

⇒子供は無視をされるよりも、負の注目でも良いので、自分を見てほしい。

    • 困らせていない時に、正の注目をたくさんあげる。

      そこにいるだけでいいんだよ、目を見て笑いかける、スキンシップ。

・困らせて要求 ⇒ 不適切な行動 (適切な行動以外全て) ⇒ 負の注目。
・普通に言えて要求 ⇒ 適切な行動 ⇒ 正の注目。

  • ○○と思うけど、どうかな?とRinに考えさせる。

そこに座っているだけで、いいんだよって目を見て微笑む」ことは仕事や家事に追われ、イライラ、バタバタした状態ではなかなか、出来ていませんでした。

Rinが何か悪いことをした時にだけ、「ダメでしょう」と叱っていました。

スキンシップが足りない」とは一日中、一緒に過ごさなくてはいけない、ということではありません。一緒に居るときに、子どもとどれだけ向き合う時間を作るかです(^^♪

先生は、最後におっしゃいました。

カウンセラー
Rinちゃんがご両親を、成長させてくれているんですよ。

確かに、そう感じました。今ではRinと次女Mikaに毎日、”目を合わせてニッコリ微笑む”を少なくても10回はしています。夫もやっているので2倍ですね(^^)

子どもの問いかけに私たち親は、パソコンやスマホを見ながら返事だけをしがちです。一瞬でも目線をずらして顔をみて返事をすると、子どもは安心すると実感じました。

と、この記事の専門家の解決策を実践して、1週間もしないうちに、

  • 学校で授業中の逃げ出し
  • 育成クラブでの逃げ出し
  • 先生方との逃走劇

全てなくなりました。

現在、夏休み中で毎日育成クラブに、朝の8時半から17時半までと長時間預けていますが、何事もなくお友達と楽しく過ごしています。

6月からの1か月半異常行動⇒(うちの娘は問題児?!小1プロブレムの事例と様子を詳しくご紹介は一体なんだったの?!というくらい落ち着いているRinです。

たまに強く怒った口調で言うことはありますが、「その言い方では聞けないから、言い直して」と伝えると、普通に優しく言えます。

後は登校の付き添いが残っています。夏休み明けからまた付き添う事に、なるのかなと感じています。⇒小学校の登校に親が付き添うのはいつまで!?先がみえなくて不安!!

最後までお読みいただき、ありがとうございますm(__)m



↓初の電子書籍出版♪ぜひ読み放題でどうぞ↓

Twitterでは、 直感とワクワクを大切にするKotonoが日々つぶやきます(*'▽')

LINEでは、 ブログでは話せないエピソード等をこっそりお届け♡
友だち追加
↑↑↑お友だち登録はこちらから!

管理人Kotonoって?
2人育児中の時短勤務ワーママです。⇒プロフィールはこちら

\マタニティ・キッズ・愛用品など/
Kotonoの未来日記★Room
買ってよかったものを紹介してます♪

コメント

  1. さくま より:

    とっても参考になりました❗️
    アドラー気になります。
    全国にカウンセラーさんいるのかな??
    RINちゃん、楽しく過ごせるようになり良かったですね

    • KotonoKotono より:

      遅くなりました。アドラーは全国にカウンセラーさんいらっしゃると思いますよ。
      Rinは少しづつですが、成長しています(^^)これからも、ゆったりした気持ちで
      見守っていきますね。

タイトルとURLをコピーしました